メニュー

頸椎症

頸椎症とは?

 背骨をつなぎ、クッションの役割をしている椎間板は、20歳過ぎから変性(老化現象)が始まると言われます。この変性が進むと椎間板にひびが入ったり、徐々に潰れてくるなどの変化を来たします。

 それに伴い、頸椎の椎体骨の骨棘(とげ状の突起)が生じたり、その他に靭帯(じんたい)の石灰化・骨化などによって、脊髄や神経が圧迫されます。その圧迫の部位・状態によって、大きく二つに分けて治療していきます。

代表的な症状

主に3つに大きく分けられます。
①首・肩甲骨付近の痛みや肩こりなどの症状が出ますが、手のしびれはありません。(局所症状)
②主に片方の首~肩~腕~手の痛み・しびれが生じます。上肢の筋力低下や感覚の障害が生じることもあります。(神経根症)
③両方の手足がしびれたり、動きが悪くなったりします。ボタンのはめ外し、お箸の使用、字を書くことなどが難しくなったり、歩行で脚がもつれるような感じや階段で手すりを持つようになったりという症状が出ます。(脊髄症)

 

 腕や手のしびれ・痛みがあり、頚椎を後方へそらせると症状が増強し、四肢の反射の亢進などの診察所見があります。画像所見では、X線(レントゲン)で頚椎症性変化を認め、MRIで脊髄や神経根の圧迫を認めることで診断します。

頸椎症の治療

 まずは薬物療法です。消炎鎮痛薬などの内服薬や湿布や塗り薬の外用薬を処方し、または血流を改善させて身体機能を回復させるためにホットパック、レーザー治療器を行います。また症状が出ないように頚椎を後方へそらせないようにし、適切な方向への頚椎牽引を行います。 他の保存療法として神経ブロック療法があります。神経ブロックでは即時的に痛みを軽減させ、神経周囲の血流を改善させる効果を期待します。

 当院ではレントゲン透視下の硬膜外ブロック、超音波ガイド下の腕神経叢ブロック、星状神経節ブロックなどが行えます。これらのブロックは痛みの軽減と血流の改善による症状の軽減を期待して行います。薬物に抵抗性の難治性の頚椎症でお困りの方は是非当院へご相談ください。

超音波ガイド下腕神経叢ブロック

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME