メニュー

脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症とは

 背骨には、脳から続く神経である脊髄が通るトンネルがあります。これを脊柱管と呼びます。脊柱管狭窄症とは、骨や靭帯の肥厚、椎間板の突出などで、脊柱管が狭くなり、脊髄が圧迫され、腰の痛みや脚のしびれなどの症状を起こすものです。

 加齢により骨や靭帯などが変性して起こることが多く、椎間板ヘルニアに比べ50代以降の高齢者に多くみられます。長い時間歩くと症状がひどくなり、しばらく休むとまた歩けるようになる、「間欠跛行(かんけつはこう)」が典型的な症状です。

 

代表的な症状

 立っている時や歩行時の、臀部痛や下肢痛です。多くの場合歩くことで疼痛が出現し、一定時間の休息で再び歩くことができるようになる「間欠跛行(かんけつはこう)」を呈します。

治療

 

脊柱管が狭くなった状態は、骨や靭帯の肥厚が原因ですから、放っておいても状況は変わりません。しかし、痛みの程度は狭窄の程度と必ずしも一致しないので保存療法で症状が改善する事も期待できます。

手術以外の保存療法としては内服治療、神経ブロックなど様々な治療があります。

神経ブロック用レントゲン装置

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME