メニュー

神経ブロック療法

神経ブロックは神経の近くや関節に局所麻酔薬や炎症止めの薬を注射し、

  • 血流を改善する神経ブロックによる痛みの治療
  • 痛みを伝える神経や関節の炎症を抑える
  • 過敏になった神経の興奮を抑える
  • 筋肉の緊張を改善する
  • 自律神経機能を改善する
  • 自然治癒力を高めて回復を図る

などの作用で、痛みを緩和させる治療法です。

 痛みの種類・原因により神経ブロックの方法や、必要な回数は異なります。
 注射というと痛そうですが、院長のモットーは「痛みの治療に来ているのに痛い思いをさせたくない」ことから、当院ではできるだけ痛みを伴わないように非常に細い針を使用しています。また、より安全かつ確実な効果を得るために、ほぼ全ての手技を超音波機器やレントゲン機器を用いながら施行します。

またどうしても注射が嫌な方もいると思います。神経ブロックだけが痛みの治療ではありません。患者さんの思いをしっかりとお聞きして最適な治療を探しますのでご安心ください。

当院で施行可能な神経ブロック

三叉神経ブロック  星状神経節ブロック 硬膜外ブロック 神経根ブロック

腕神経叢ブロック  腰神経叢ブロック 椎間関節ブロック 仙腸関節ブロック

後枝内側枝ブロック 筋膜リリース   トリガーポイント注射

肩関節注射、肩峰下滑液包内注射 股関節注射  膝関節注射      など

神経ブロックが有効な疾患・症状

         など

痛み以外にも冷えや痺れに有効な治療です。

 

超音波ガイド下神経ブロック

超音波ガイド下ブロック注射とは、神経や血管・筋肉などを超音波で確認しながら行う注射です。

  • 超音波で神経や血管の位置・広がりを確認しながら注射できるので、神経損傷のリスクや麻酔薬が誤って血管に入ってしまうリスクを抑えます。針先や薬液の広がりも目で確認しながら注射ができ、より効果的なブロック注射が可能です。

    当院では最新高解像度の超音波検査機器を導入しており、以前の機器では抽出できなかった細部の神経まで確認し、より確実に施術をすることができます。

レントゲン透視下神経ブロック

神経ブロック用レントゲン装置

レントゲンを使って、体の中を透かして視ながら行うブロック注射です。

レントゲンで関節、神経の通り道などを透視しながら、そこにダイレクトに注射することができます。画面で 針先の位置を確認しながら正確に注射します。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME