メニュー

一般小児科外来

小児科待合室

小児科疾患全般の診療を行います。

対象は新生児からおおむね中学校3年生までのお子さんです

 

よく診る疾患

感染症

こどもは頻繁に発熱、咳や鼻水、嘔吐や下痢といった症状を起こします。ほとんどはウイルスによる感染症によるもので、こども自身の免疫力で治っていきますが、時に早急な治療が必要な病気や感染症ではない病気が紛れ込んだり、症状が悪化してしまうことがあります。丁寧な診察で状態を把握し、必要に応じて検査や治療を追加で行います。

なお、発熱などの症状があるお子さんの診察には、ほかのお子さんへの感染を防ぐため、隔離室を設けています。

 

アレルギー疾患

ぜんそく、アトピー性皮膚炎、食物アレルギー、アレルギー性鼻炎といったアレルギー疾患もお子さんによく見られます。症状に慣れてしまって、ご家族もお子さん自身も、症状があることに気づいていないこともあります。感染症の症状とも密接に関係し、風邪をひくたびに咳がしつこく続く、鼻や咳が出やすくよく鼻を触っている、といったお子さんは、アレルギーがもともとあって、症状を悪くしているかもしれません。

アレルギーを疑う場合、必要に応じてアレルギー検査を行い、生活指導や薬を用いて症状をコントロールします。しっかりコントロールを行うことで、将来の悪化を防ぐことにもつながります。

 

便秘

お子さんの腹痛の原因で一番多いのは便秘です。毎日出ているようでも十分に出ていないことが時々あります。エコーやレントゲンで診断が可能です。便秘は続くと、悪循環になって治りにくくなるため、お薬を調整して、しっかり出せるように治療していきます。月、年単位でお薬が必要になることもありますが、焦らず治療することが大切です。

 

起立性調節障害

小学校高学年から思春期にかけて多い病気です。倦怠感やふらつき、頭痛などの症状がでますが、朝調子が悪く、午後になると元気になる、という特徴があるため、仮病などの誤解を受けやすい病気です。症状が心理的な影響を受けることがあり、症状が強い場合、登校が難しくなることもあります。

問診や検査を行い診断し、生活指導や環境調整、薬によって症状の改善を図ります。心理的な影響が強い場合は、カウンセリングなどの対応ができる施設へ紹介します。

 

 

その他、発達や発育のお悩み、夜尿、皮膚疾患、頭痛や腹痛など、お子さんのことはなんでもお気軽にご相談いただけたらと思います。丁寧な診察と説明を心がけて、お子さん、ご家族の不安が解消されるように努めます。

また、より高度な医療・入院が必要と思われるお子様には適切な医療機関にご紹介させていただきます。

 

院内の検査機器

・パルスオキシメーター

・CRP、血球計数機

・尿検査

・エコー検査

・レントゲン

・各種ウイルス、細菌の迅速検査

★詳しい血液検査やアレルギー検査などは、院外の検査会社へ提出します。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME