メニュー

坐骨神経痛

坐骨神経痛とは?

 坐骨神経痛とは腰から足にかけて伸びる人体の中で一番太い神経が圧迫や刺激を受けることにより現われる症状の事を指します。
腰から下の臀部(お尻)や太ももに症状が現れる事が多く、ふくらはぎ、足先などに鋭く電気が走ったような痛みや痺れ、ふくらはぎの張り、冷感・灼熱感、足のだるさなどがあります。
悪化すると慢性的に痛みや痺れが現われ、重度な症状になると排尿・排便障害になることがあり、特に中高年の方に多く見られる腰痛・足の痛みが症状です。

 腰椎椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症以外にも多くの病気が坐骨神経に炎症を引き起こすので、原因の精査には、MRI検査が勧められます。
 坐骨神経痛を感じたまま放置すると、日常的にストレスを感じて痛みの悪循環を招いてしまいます。

坐骨神経痛の治療

 まずは薬物療法です。消炎鎮痛薬などの内服薬や湿布や塗り薬の外用薬を処方し、または血流を改善させて身体機能を回復させるためにホットパック、レーザー治療器を行いまた腰椎牽引を行います。 他の保存療法として神経ブロック療法があります。神経ブロックでは即時的に痛みを軽減させ、神経周囲の血流を改善させる効果を期待します。

 当院ではレントゲン透視下の硬膜外ブロック、神経根ブロック、超音波ガイド下に確実に行う仙骨硬膜外ブロックなどが行えます。

 そうした治療を十分に行っても痛みが軽くならない場合や、排尿や排便の機能などに障害が現れたような場合には、手術を考慮します。

 

神経ブロック用レントゲン装置

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME